ベリタス・アカデミー

当塾では、高校生向けの映像講座「ベリタス・アカデミー」を導入しております。
わかりやすい講義を何度でも繰り返し見ることができ、単元ごとの演習問題も丁寧な解説でフォローされていますので、「わかる」→「やってみる」→「できる」という学力定着の流れがスムーズに行えます。

中学校の内容の復習として、また高校の授業の予習・復習として活用でき、入試対策では「MARCH」等の上位校の進学を目指すことができます。
もちろん難しい内容でもわかりやすく解説してありますので、高校の授業の補習としても活用できます。

中学校3年生向けには、英語や数学の総復習講座が用意されていますので、中学3年生はショウインのシステム学習とセットで学習していただくことで、入試に向けてさらに理解を深める学習にも活用できます。
ベリタスの講師陣はいずれも大手予備校で長年の経験を積んだ「教えるプロ」です。
優れた講師に習えば、授業の後、問題集などで演習したときにそもそも間違 いの数が減るので効率がいいのです。
また間違ったとしても、ベリタスの授業を受けていれば、解説を読めばわかるレベルにまで達しているので、問題集の解説 を読んでもわからない、ということがなくなります。
またベリタスの講師は単に教えるのがうまいだけではありません。
電子ホワイトボードの授業に最適化したテキストを自ら作成し、受講生の板書を取る負担を大きく軽減しています。
このように「わかりやすく説明する力」 +「わかりやすい教材を作る力」がベリタスの最大の強みなのです。
ベリタスでは、電子ホワイトボードをフルに活用することにより、講師と生徒の無駄な板書時間を排除することに成功しました。

黒板授業であれば、板書をノートに写すのが大変で、講師の話を聞き逃してしまうこともありますが、ベリタスではそういうことはありません。
黒板授業であれ ば写し取らなければいけないこともあらかじめテキストに書いてありますので、板書は最低限で済みます。
従って講師の話に集中しやすく、楽なのにたくさん進 めるのです。

たとえば、予備校の場合、英文法の授業では90分で進めるテキストページ数は6~9ページなのですが、ベリタスでは30ページ以上進むこともあるのです。

さらに、黒板授業であれば、板書に時間がかかる複雑な図やグラフなども、前もってテキストに記されているため、ノートをとる必要もなく、楽に多くの学習をこなすことができます。

このようにベリタスでは、電子ホワイトボードの活用により、1コマあたりの授業効率を約3倍にまで高めることに成功しました。
ベリタスでは,予備校のように90分の授業を流すだけではなく、ポイント毎に5分から20分程度の動画に細分化しています。
これにより、わかるところは動画を見ないで飛ばし、わからない箇所だけ選んで視聴できるので効率がアップします。

また演習では、正解した問題の動画解説は見ないで飛ばし、間違った問題の動画だけ見ることができるので、さらに効果的に学習することが可能なのです。
ベリタスでは,倍速対応のプレーヤーを用意し、濃縮授業を1/2の時間で受講できる体制を整えました。
電子ホワイトボードの3倍濃縮授業を1/2の時間で 受講できれば、それだけで6倍の効率の良さを実現できるので、ますますライバルの受験生はベリタス受講生に追いつくことができなくなってきます。

また、2倍速が早すぎる場合は、1.5倍速も選ぶことができますので、適宜スピードを調整してご利用ください。

全国の高校生が学習に困る理由は・・・

中学校時代と比べて、高校では同じ3年間で,より難しいことをより多く習得しなければいけないので、勉強について行けなくなるのは当然のことなのです。

その一方で、高校の学習について行けるように学習時間を中学時代の2倍、3倍に増やすことは、現実的には、なかなか難しいと言えます。特にクラブや生徒会を頑張ってされている場合は、ほぼ不可能です。

そこで、高校の学習は、学習効率を最大限にまで高める必要があるのです。

しかし、予備校のように江戸時代から変わらない黒板を使い、週1回の授業をするだけで効率的と言えるでしょうか?
いくら優秀な予備校講師でも、予備校という決められた枠の中であなたの成績を伸ばすのには限界があるのです。

しかし、大手予備校で15年間教えていた講師がそれらの予備校の欠点を全て解消できる答えをITの中に見い出しました。
そして予備校講師を辞め、独立して 創ったのが、この「ベリタス・アカデミー」なのです。
ベリタス・アカデミーは他の予備校のように単に教室の授業を録画して流すわけではありません。
ベリタス・アカデミーが他社の映像教材とは全く違う点、それは予備校の欠点をITで取り除き、信じられないくらい短期間で大幅に成績が伸びる学習システムを作り上げたという点なのです。

◆詳しくはこちらをご覧ください。

ベリタスアカデミー
このページの先頭へ戻る