英検®ネットドリル

英検®は英語力の習得のみならず、内申書等への加点や判定の優遇につながります。
加点や判定優遇を行っている高校の数はなんと全国で881校!大学進学の際も全国388校が優遇制度を設けています。(※) 自分の夢や進学目標に一歩近づくことができるこの制度を、ぜひ活用してください!

当塾では、英検®ネットドリルを使用して効率よく英検®合格へと導きます!

※2019年7月時点(公益財団法人 日本英語検定協会ホームページによる)
旺文社の英検®対策問題集とCDをひとつにまとめた、PCとタブレットPC両方で学べる業界初の本格派ネット教材です。

英検®ネットドリルは、英検®受験者に必要な機能を豊富に搭載しています。英検®受験教材の最高峰、旺文社の「英検®でる順パス単」「英検®過去6回全問題集及びCD」「英検®7日間完成予想問題ドリル」の3つの教材を、なんと丸ごと収録!受験級に合わせて、準1級~5級をお選びいただけます。 単語・熟語の和訳や発音がワンクリックでOK。ドリル問題では答えを入力すると瞬時に正誤判定。解答・解説も自動表示。CDを聞いたり、解答・解説集を見ながらの答え合わせの手間も省けます。弱点チェック機能、テスト機能、学習履歴管理機能など、ネット教材ならではの便利な機能も充実!ペーパー教材に比べ、はるかに効率的でスピーディーな学習を実現しています。iPadなどのタブレットPCにも対応し、全国模試で自分の現在の立ち位置のチェックもばっちり。自分の実力を確認しながら、計画的に学習を進められます。最強ツールで英検®合格を目指そう!

英検®ネットドリルの特徴

◯でる順パス単

できる分野はどんどん先に進め、できない分野はじっくり自分のペースで進める仕組みです。レベルごとの正答数によって、「進む・もう一度・戻る」をナビゲートします。お子さまは、「わかった!」を実感でき、自立学習が上手になります。
ステップアップ学習では常に自分の学力レベルで学習を進めるため、確実に力が付いていきます。

◯単語・熟語帳の進化

「基本学習」では、和訳をワンクリックで表示。同時に発音のチェックや例文のリスニングもワンタッチで聞くことができます!また、暗記チェックを入れると表示が薄くなる表示切替機能が付いており、暗記済みの単語や熟語が一目瞭然。学習の進み具合がわかりやすい設計になっています。ノートも使いながら暗記学習を徹底すると、よりいっそう効果的です。

◯システムが実力アップをしっかりサポート

さらに実力をつけるのが「トレーニング」。和訳、英訳の両方をテスト形式で学習。自動正誤判定で間違ったその場でやり直し!
正解するまで先に進めないので着実に記憶にインプット!
「基本学習」同様、発音や例文のリスニングもできます。
実力がついたら「確認テスト」でおさらいテスト。苦手克服は「弱点チェック」がしっかりサポートします!

◯過去問題集

過去6回分の過去問(※)にチャレンジしませんか?
受験の定石は過去問制覇です。「トレーニング」「過去問テスト」「弱点チェック」の3つの学習メニューで、検定前に実力チェックをしましょう!


※毎年3回分の過去問の入れ替えを行いますので、最新の過去問を学習することができます。

◯7日間完成 予想問題ドリル

最新の英検®に対応した本番形式の問題ドリル。「トレーニング」「確認テスト」「弱点チェック」の3つの学習メニューで、どんどん実力アップをはかりましょう!

◯本番力をやしなう集中トレーニング

「トレーニング」では、英検®の出題パターンごとにレッスン分けした「短文の語句補充」「会話文の語句補充」「会話文のリスニング」など、7日間ずつで完成する合宿型学習ドリル。問題文を見たり、聞いたりして正しい答えを選ぶという本番形式の選択問題で、本番に勝てる実力をつけます!

◯もっとスマートに学ぼう!

特に会話文のリスニング問題では、CDを入れなくてもパソコンだけで、リスニング→解答選択→正誤判定→解説確認など一連の学習ができますので、ペーパー教材に比べ、とても合理的です。

機能ピックアップ

[1]辞書機能がすごい!

英検®ネットドリルは、準1級〜5級のでる順パス単シリーズの語彙を完全データーベース化。意味の解らない単語にカーソルを当てると"英単語の意味が表示される画期的な辞書機能を搭載しています。
長文問題等の学習では絶大なる威力を発揮!
辞書がわりにしっかり活用しましょう!

[2]「確認テスト」で実力分析!

それぞれ収録されている問題の中から、毎回一定の問題数をランダム出題するネット教材ならではの学習機能は、自動採点はもちろん、成績グラフ、チャレンジ回数、平均点など、あなたの実力を的確に分析
何度でもチャレンジしましょう!

[3]「弱点チェック」苦手ゼロで試験に行こう!

あなたが間違った問題だけをチェックしてリストアップ⇒苦手問題に即アクセス!
再チャレンジして正解するとリストから消えます。ここをクリアにしておけば、検定試験にも自信を持って臨めます。

[4]「全国模試」

正解率75%以上を目指してがんばろう!何度でも受けられる全国模試モードでは、あなたの全国ランキングや、正解率に合わせて合否判定の目安にもなるコメントなどが表示されます。どんどんチャレンジしてモチベーションアップを図ろう!

[1]学習計画を立てるべし

英検®ネットドリルは「でる順パス単」「過去問題集及びCD」「7日間予想問題ドリル」と3種の教材を収録しています。基本学習(でる順パス単のみ)⇒トレーニング⇒確認テストと進めていきましょう。間違ったところは「弱点チェック」に反映されるので克服しましょう。「確認テスト」では、合格ラインに達しているかを確認できます。また、過去問集では「全国模試」機能もありますのでぜひ活用してください!

[2]単語と熟語問題形式に慣れるべし!

単語帳で憶えても問題形式で出題されると意外と答えられないものです。「トレーニング」メニューで何度も確認しましょう。
英検®は、選択問題ばかりなのでスペルまで覚えなくてもなんとか解答できますが、学校の英語・受験対策まで考えて使う方はノートを併用して、スペルを書く勉強もしましょう。

[3]熟語の例文を音読すべし

英検®ネットドリルの熟語問題には音声付きの例文が必ず付いてきます。単に聞き流すだけでなく例文を言えるように練習するとリスニングが飛躍的に伸び、スピーキングの練習にもなります。できるだけ大きな声で口を動かして音からも英語をしっかりと学習しましょう。

[4]リスニングを制すべし!

リスニングを8割以上取れるようしっかりと鍛えあげることが合格への大きな近道です。効果的な勉強方法は何度も聞いて耳を英語に慣らしていくこと。英検®ネットドリルはCDでの学習と違い、クリック1つで音声を何度でも繰り返しリピートして聞くことができる。最初は聞くことができなくても回数をこなしていると段々と聞こえるようになってきます。最初は3回~4回と聞いていたところを徐々に減らしていき最終的には1回でわかるように耳を鍛えていきましょう。

[5]穴埋め問題の鬼になるべし!

リスニングの次に出題が多いのはパート1の穴埋め問題です。例えば3級は予想問題集まで含め約200問ありますが、それを徹底的に覚えること!単に答えを覚えるのではなく、解説に書いてある他の語句の意味や文全体の意味などまでもしっかりと書いて覚えること。「トレーニング」メニューで繰り返しましょう。この部分を徹底学習することで長文を読む際にも十分その効果は表れます。リスニング同様、パート1で必ず8割正解できれば、さらに合格への道が近いものになることでしょう。

◆詳しくはこちらをご覧ください。

英検®ネットドリル
このページの先頭へ戻る